ヒトラー演説












「国民自ら全力を尽くすべきだ」
「国民自身が国民を向上させるのだ」

◆Eine Rede von Adolf Hitler (アドルフ・ヒトラー氏の演説)


ice_screenshot_20171112-085231ice_screenshot_20171112-085305ice_screenshot_20171112-085239ice_screenshot_20171112-085325ice_screenshot_20171112-085349ice_screenshot_20171112-085406ice_screenshot_20171112-085518ice_screenshot_20171112-085519ice_screenshot_20171112-085521ice_screenshot_20171112-085524ice_screenshot_20171112-085432ice_screenshot_20171112-085434


ヒトラー氏のおっしゃっていることはとても正しい
こんなリーダーなら誰でもついていきたくなるだろう

つい1か月前は悪人だと信じていた
今は感動で涙さえ出る

※現在アドルフヒトラー氏は愛国心のあるドイツ国民と共に第二の地球で余生を過ごしつつ
第二の地球を統治されています
元宇宙の大管理者の坂本廣志氏は宇宙の大管理者にヒトラー氏を地球の王と紹介しています
ヒトラー氏は偽ユダヤの行った愚行(歴史捏造で地球人を騙した事)に対し非常に憤慨しており
地球再生計画の折には偽ユダヤ人たちを全て殲滅させるべく地球に戻ってこられます65bd1517ebd07fb1









                          ブログランキング・にほんブログ村へ 

フヤナと宇宙人の大冒険2 Kindle版
坂本廣志(宇宙名287フヤナ)
商品紹介

青年フヤナが宇宙へ旅立ち、様々な種族の宇宙人たちと繰り広げる愛と友情溢れるノンフィクション体験記。第1巻では人類の創造主が宇宙人であり、地球とこの太陽系は宇宙人によって守られていると言う事実が判明したが、前作以上の衝撃の展開に、果たしてあなたはどこまで耐えられるか!?全世界をもひっくり返すほどの驚愕な新事実に、今まで信じてきたものは何だったのか、真実とは一体どこにあるのかを深く考えさせられるシリーズ第2作目となっている。
ヤコフ率いる混血種ブルーの種族の仲間たちと、鉱物探査と儀式の任務に追われ、毎日を忙しく銀河で過ごす青年フヤナ。宇宙での仲間も増え地位も上がっていくのだが、フヤナのある発言がきっかけとなり、ついに隣の宇宙にまで冒険することになる。そして、フヤナが元々持っていた悪の力に、ある事実が隠されていたことが判明する。その最中、中等生命体グレイが連れてきたある一人の地球人と出会うことに・・・。その人物とは一体・・・。

フヤナと宇宙人の大冒険3 Kindle版
坂本廣志(宇宙名287フヤナ)
商品紹介
青年フヤナが宇宙へ旅立ち、様々な種族の宇宙人たちと繰り広げる愛と友情溢れるノンフィクション体験記。いよいよ、悪名高き独裁者と言われたヒトラーが登場するが、私たちは、真実を目の前にして、誰かにとって都合の良い世界を見せられているのではないか、もしくは、情報操作された虚構の世界に生きているのではないかと深く考えさせられる、著者幼少期の宇宙体験記シリーズ完結編。
人類が進化を遂げるためには何が必要なのか、私たち地球人には何が足りないのか、何のために生かされているのか、宇宙人がその疑問に答えてくれる。
1945年、グレイの宇宙人に救出され、長い間地球の地下施設にかくまわれていたヒトラーとドイツ国民が、フヤナの所有する第2の地球へ移住することになった。人々は、忠実に再現されたドイツ・ベルリンで、平和に暮らす幸せな日々を取り戻すが、国王に返り咲いたヒトラーには色々と思い悩むことがあった。そんな中、トラブルが発生し、ヒトラーは大管理者様の命令で、ある重大な任務を任されることになる。果たして、その結果は・・・。